札幌留学生交流センターは、2000年に開館した札幌市所有の留学生宿舎です。安全・快適な100室の住居に、世界各地からの留学生や
その家族、生活サポート役を務める日本人学生若干名がともに暮らしています。

所在地 札幌市豊平区豊平6条6丁目5番35号
敷地面積 3264.44㎡(併設の札幌国際ユースホステルと一体的に利用)
建築面積 962.18㎡
延床面積 5022.28㎡(うち1階自転車置場188.94㎡)
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造 地下1階、地上11階
所有者 札幌市
指定管理者 公益財団法人札幌国際プラザ(2018年4月1日~)
各階構成
9~11階 世帯用宿舎(9階一部単身用宿舎)
3~8階 単身用宿舎
2階 会議室、パントリー、学習室、談話コーナー
1階 交流ラウンジ、軽スポーツ室、事務室、屋外自転車置場(144台)
工事着工 1998年(平成10年)9月
完成 1999年(平成11年)12月
開館 2000年(平成12年)4月1日

札幌留学生交流センターの設置目的は、留学生らに良質な宿泊施設を提供するとともに、市民と留学生等との交流の場を設けることにより、市民及び留学生等の相互理解並びに親善を深め、もって市の国際化に資することです。

3階から11階には留学生らの居室100室(単身用80室・世帯用20室)があり、市内及び近郊の大学・大学院に通う留学生やご家族と、その生活をサポートする日本人学生(通称:レジデントアシスタント、RA)が生活しています。留学生は約20~25の国・地域からきており、その母語・文化・生活習慣はさまざまですが、ともに生活しながら勉学に励んでいます。1階から2階は、事務室や居住者用の学習室の他に、地域住民のみなさんにもご利用いただける交流ラウンジ、軽スポーツ室、会議室が設けられています。

指定管理者である公益財団法人札幌国際プラザは、これまでの国際交流事業、多文化共生事業で培った経験やノウハウを活かして、留学生の快適な札幌生活を後押しするとともに、多文化共生のまちづくり促進に貢献する取組を展開しています。現在、地域のイベントへ積極的に参加しているほか、一年を通して留学生と市民との交流事業を企画・実施しています。

  • 春期新入生歓迎会、町内会との合同花植え

  • 「鉄一が里」とよひらふれあいまつり 参加

  • 秋期新入生歓迎会、地域文化体験行事

  • 世界探検まつり … 居住者などが主体的につくる文化祭。
    一般公開。

  • 通年

    日本語ボランティア「窓」による日本語学習会 "学ばん会"(週3回) …など

  • 単身者用居室(18㎡) 80室

    学習机、椅子、デスクライト、ベッド、クローゼット、靴箱、ユニットバス、冷蔵庫、電話、インターネット専用回線、給湯、暖房

    使用料月額27,600円

    光熱水費月額は実費。
    その他、冬季暖房料、居室での電話使用料が別途必要。
    また、各居室ではインターネット専用回線が月々定額で利用できます。

  • 世帯用居室(36㎡) 20室

    学習机、椅子、デスクライト、ベッド、クローゼット、靴箱、浴室、トイレ、台所、食卓、食器棚、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、電話、インターネット専用回線、給湯、暖房、トランクルーム(居室外に別途設置)

    使用料月額35,500円

    光熱水費月額は実費。
    その他、冬季暖房料、居室での電話使用料が別途必要。
    また、各居室ではインターネット専用回線が月々定額で利用できます。

  • 共有施設

    調理室・食堂、洗濯室(単身用各階)、学習室、軽スポーツ室、ラウンジ、屋外自転車置場

※入居希望者は、お申込みの前に、空室状況を札幌留学生交流センター事務室へお問合せください。

会議室・軽スポーツ室の貸出について … 所定の申請書で事前にお申込みください。受付期間は、原則として利用日の前月の1日から当日まで。
販売・営利目的での利用は認められません。

アクセス

〒062-0906 札幌市豊平区豊平6条6丁目5番35号
札幌市営地下鉄東豊線「学園前」駅から徒歩1分

お問い合わせ

札幌留学生交流センター
〒062-0906 札幌市豊平区豊平6条6丁目5番35号
電話 011-817-3615 FAX 011-812-6157
事務室業務時間:平日 09:00 – 17:45
(土・日・祝休日、年末年始12/29~1/3はお休みです)
envelope お問い合わせはこちらから

札幌留学生交流センター指定管理者
公益財団法人札幌国際プラザ